○稲沢市休日急病診療所建設委員会設置要綱

平成29年4月1日

施行

(趣旨)

第1条 この要綱は、稲沢市休日急病診療所建設委員会の設置、組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 稲沢市休日急病診療所の老朽化に伴い、新たな休日急病診療所を建設するにあたり、必要な事項について調査検討を行い、もって休日急病診療所の建設の適正かつ円滑な執行を図るため、稲沢市休日急病診療所建設委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第3条 委員会は、次に掲げる事項を所掌する。

(1) 稲沢市休日急病診療所の適正な規模及び構造に関すること。

(2) 前号に掲げるもののほか、稲沢市休日急病診療所建設に必要な事項に関すること。

(組織)

第4条 委員会は、委員10人以内で組織する。

2 前項の委員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱又は任命する。

(1) 稲沢市医師会代表及び会員

(2) 稲沢市副市長、市長公室長、総務部長、子ども健康部長及び建設部長

(3) その他市長が必要と認める者

3 委員の任期は、委嘱又は任命の日から稲沢市休日急病診療所が竣工するまでの期間とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 委員会に、必要に応じて部会を置くことができる。

(委員長及び副委員長)

第5条 委員会に委員長及び副委員長を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき、又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。ただし、委員長が選任されていない場合は、市長が招集する。

(関係者の出席)

第7条 委員長が必要と認めた場合は、関係者に対し委員会の会議への出席を求めることができる。

(庶務)

第8条 委員会の庶務は、子ども健康部健康推進課において処理する。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

付 則

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

稲沢市休日急病診療所建設委員会設置要綱

平成29年4月1日 種別なし

(平成30年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第2編
沿革情報
平成29年4月1日 種別なし
平成30年4月1日 種別なし