○稲沢市余裕保育室開放事業実施要綱

平成14年1月1日

施行

(趣旨)

第1条 この要綱は、稲沢市余裕保育室開放事業(以下「事業」という。)の実施に関し必要な事項を定め、家庭の育児支援を図るものとする。

(事業の実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、稲沢市とする。

(事業の内容)

第3条 この事業は、地域に開かれた保育園として、通常の保育業務に支障を及ぼさない範囲において、次の事業を実施する。

(1) 親子の遊びと交流場所の提供

(2) 子育て相談の機会の提供

(3) その他事業を実施する施設の長が必要と認める事業

(利用対象者)

第4条 この事業を利用できる者は、未就園の乳幼児及びその保護者とする。

(実施施設)

第5条 この事業を実施する施設は、次のとおりとする。

稲沢市立片原一色保育園

稲沢市立子生和保育園

稲沢市立高御堂中央保育園

稲沢市立祖父江保育園

稲沢市立丸甲保育園

(利用できる場所)

第6条 この事業実施施設の園庭及び乳児室を利用できる場所とする。

(利用日及び利用時間)

第7条 この事業の利用日は、毎週木曜日とする。

2 この事業の利用時間は、午前10時から正午までとする。

3 行事等により利用日及び利用時間を変更するときは、あらかじめ、その旨を利用者に通知する。

(利用の手続)

第8条 この事業を利用する者は、利用受付簿(別記様式)に必要事項を記入しなければならない。

(利用の制限)

第9条 この事業の実施施設の施設の長は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、利用を禁止し、又は退場をさせることができる。

(1) 他人に迷惑若しくは危害を及ぼし、又は及ぼすおそれのある者

(2) 建物、設備、備品等を故意に破損し、又は破損するおそれのある者

(利用者の責務)

第10条 利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 利用者は、同伴した子どもから目を離さないようにし、けがや事故が発生しないように努めること。

(2) 貴重品は必ず身につけ、盗難等が起こらないように努めること。

(3) 利用した玩具等は、所定の場所に片付けること。

(4) 設備、備品等を誤つて破損し、又は滅失したときは、直ちに施設の長に届け出ること。

(5) 持ち込んだゴミ等は、必ず持ち帰ること。

(利用料)

第11条 この事業の利用料は、無料とする。

(事故等の補償)

第12条 市は、施設開放中に発生した利用者のけが、災害等について、その責任を負わないものとする。

(補則)

第13条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成14年1月1日から施行する。

付 則 

この要綱は、平成15年4月1日から施行する。

付 則 

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

付 則 

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

付 則 

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

付 則 

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

付 則 

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

付 則

この要綱は、令和元年7月1日から施行する。

画像

稲沢市余裕保育室開放事業実施要綱

平成14年1月1日 種別なし

(令和元年7月1日施行)

体系情報
要綱集/第2編
沿革情報
平成14年1月1日 種別なし
平成15年4月1日 種別なし
平成16年4月1日 種別なし
平成17年4月1日 種別なし
平成18年4月1日 種別なし
平成19年4月1日 種別なし
平成20年4月1日 種別なし
令和元年7月1日 種別なし