○稲沢市総合文化センターの設置及び管理に関する条例

昭和50年3月31日

条例第2号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、稲沢市総合文化センター(以下「総合文化センター」という。)の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 市民の文化の向上と福祉の増進を図るため、総合文化センターを稲沢市国府宮三丁目1番1―101号に設置する。

(使用許可)

第3条 総合文化センターを使用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

2 市長において管理上支障があると認め、又は公安若しくは風俗を害するおそれがあると認めるときは、使用を許可しない。

(使用許可の取消し等)

第4条 使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可を取り消し、使用を制限し、若しくは停止し、又は退去を命ずることができる。

(1) 使用の許可条件に違反したとき。

(2) この条例又はこれに基づく規則に違反したとき。

(3) 公益上やむを得ない事由が生じたとき。

2 前項の規定による措置によつて生じた損害については、市はその責を負わない。

(目的外使用等の禁止)

第5条 使用者は、建物その他付属設備を使用の許可を受けた目的以外に使用し、又は使用の権利を他人に譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(使用料)

第6条 使用者は、第3条による許可と同時に、別表に定める額の使用料を市に納付しなければならない。ただし、公用に供するとき又は市長が公益上特に必要があると認めるときは、使用料を減免することができる。

(使用料の還付)

第7条 すでに納付された使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、市長はその全部又は一部を還付することができる。

(1) 使用許可の取消し又は変更を申し出た場合であつて正当な理由があると認めるとき。

(2) 使用者の責に帰さない理由により使用できなくなつたとき。

(原状回復義務)

第8条 使用者は、総合文化センターの使用を終つたとき又は使用の許可を取り消されたとき若しくは使用の停止を命ぜられたときは、直ちに原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第9条 使用者は、建物その他付属設備を破損又は滅失したときは、市長の定めるところに従いこれを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の事由があると認めたときは、その全部又は一部を免除することができる。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が定める。

付 則

この条例は、昭和50年4月1日から施行する。

付 則(昭和50年条例第34号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和52年条例第15号)

この条例は、昭和52年4月1日から施行する。

付 則(昭和53年条例第12号)

この条例は、昭和53年4月1日から施行する。

付 則(昭和59年条例第8号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(平成3年条例第39号)

1 この条例は、平成4年4月1日から施行する。ただし、付則第2項の規定は、公布の日から施行する。

2 施行日前に施行日以後の使用について許可を受けた者からは、この条例による改正前の条例の規定にかかわらず、施行日前においても当該使用に係るこの条例による改正後の条例に定める額の使用料を徴収することができる。

付 則(平成9年条例第8号)

1 この条例は、平成9年7月1日から施行する。

2 この条例による改正後の稲沢市総合文化センターの設置及び管理に関する条例別表の規定は、平成9年7月1日(以下「施行日」という。)以後に総合文化センターの利用の許可を受けた者について適用し、施行日前に総合文化センターの利用の許可を受けた者については、なお従前の例による。

付 則(平成19年条例第54号)

この条例は、平成20年1月1日から施行する。

付 則(平成28年条例第33号)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

2 この条例による改正後の稲沢市総合文化センターの設置及び管理に関する条例の規定は、この条例の施行の日以後に稲沢市総合文化センターの利用の許可を受けた者について適用し、この条例の施行の日前に稲沢市総合文化センターの利用の許可を受けた者については、なお従前の例による。

別表(第6条関係)

1 ホール等使用料

使用区分

使用料

営利を目的としない場合

営利を目的とする場合

9時~12時


ホール

3,520

5,280

第1会議室(北)

370

560

第1会議室(南)

370

560

第2会議室

450

680

第3会議室

430

660

第4会議室

400

610

第5会議室

570

860

講習会室

600

880

和室

840

1,240

料理教室

800

1,210

13時~17時

ホール

4,690

7,040

第1会議室(北)

500

750

第1会議室(南)

500

750

第2会議室

600

910

第3会議室

580

870

第4会議室

540

810

第5会議室

760

1,150

講習会室

790

1,180

和室

1,110

1,660

料理教室

1,080

1,620

18時~21時

ホール

3,520

5,280

第1会議室(北)

370

560

第1会議室(南)

370

560

第2会議室

450

680

第3会議室

430

660

第4会議室

400

610

第5会議室

570

860

講習会室

600

880

和室

840

1,240

料理教室

800

1,210

2 付属設備等の使用料

使用区分

使用料

営利を目的としない場合

営利を目的とする場合

ピアノ


9時~12時

970

1,450

13時~17時

1,290

1,940

18時~21時

970

1,450

注 使用時間を超過して使用する場合は、表に定める使用料のほか、当該使用区分に応じ当該超過時間に相当する額を徴収する。

稲沢市総合文化センターの設置及び管理に関する条例

昭和50年3月31日 条例第2号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和50年3月31日 条例第2号
昭和50年9月20日 条例第34号
昭和52年3月31日 条例第15号
昭和53年3月30日 条例第12号
昭和59年3月27日 条例第8号
平成3年12月25日 条例第39号
平成9年3月28日 条例第8号
平成19年12月27日 条例第54号
平成28年10月5日 条例第33号